事件

板橋区前野町で【関あかね】夫の胸を果物ナイフで刺して殺害動機は実像写真は!

太郎の速報です!!

東京・板橋区の自宅で夫、関泉さん(49)の胸を果物ナイフで刺して殺害しようとしたとして、44歳の妻関あかねが現行犯逮捕されました。

夫はその後、死亡が確認されました。

今回は、この事件の、犯行動機理由、事件の背景などに迫っていきたいと思います。

事件の概要

事件の内容はテレビ朝日系(ANN)にて下記のように報道されています。

東京・板橋区の自宅で夫の胸を果物ナイフで刺して殺害しようとしたとして、44歳の妻が現行犯逮捕されました。夫はその後、死亡が確認されました。

関あかね容疑者は4日午前2時ごろ、板橋区前野町にある自宅1階のリビングで夫の泉さん(49)の胸を果物ナイフで刺して殺害しようとした疑いが持たれています。泉さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。警視庁によりますと、関容疑者は夫と製本業を営んでいて、仕事のことで口論になって台所にあったナイフで犯行に及んだということです。取り調べに対して「力や言葉では旦那には勝てないので、刺すしかないと思った」と話していますが、殺意については否認しています。警視庁は容疑を殺人に切り替えて調べる方針です。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200404-00000022-ann-soci

関あかね実像写真

容疑者関あかね実像写真は
同性同名は多数有りましたが特定できませんでした

特定でき次第追記してゆきたいと思います。

事件の現場は東京都板橋区前野町

事件の現場をグーグルマップで調べて見ました。

関あかねプロフィール

名前:関あかね

年齢:44歳

住所:東京都板橋区前野町

職業:製本業

罪名:殺人

事件のどうきについて

関容疑者は夫と製本業を営んでいて、
仕事のことで口論になって台所にあったナイフで犯行に及んだということです。
取り調べに対して「力や言葉では旦那には勝てないので、刺すしかないと思った」と話していますが、
殺意については否認しています。

夫婦で製本業をしていたと言うことですが

このコロナウィルスの問題による経営危機や、資金繰りの問題などからの事件なのか?

いつも力、暴力などで追い詰められていたのでは。などと考えてしまいますが

ネット上の反応を見てみたいと思います。

ネット上の反応

自分や子供達の身を守る為の行動なら話は変わってくる。
日頃から夫に何かしらされていたのだろう。
酔っていたっていうしね。
積年の大怨があったのかもしれませんね。これでスッキリしたことでしょう。次は良い旦那を選んでください。
何にも考えられないくらい追い詰められた結果なんだろうな。
冷静になれとか 離婚しろだとか それが出来ない程だったって事。

子供が不憫…

ナイフで勝てる時点で、力でも勝てそうなもんだが。勝率を上げるために考えを巡らせる事ができているのなら、酒は飲んでいても酔っていた彼女は低いな。しかし、夫に勝っても、法的には敗北なんだよなぁ。全てを捨ててでも、どうしても夫に勝ちたかったんだろう。アーカードに対するウォルターのように。
子供の事を考えたら 殺人なんてできないはず。
一度に両親を失ってしまった。。。
個人は特定されているし、子供の将来が心配。
離婚という道はえらべなかったの?
身内の犯行だと犯罪被害者給付金もらえないんじゃなかったっけ。
子供3人、どうやって生きていけばいいのよ。
少しは考えればよかったのに。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200404-00050098-yom-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

まとめ

ネット上での意見を見ても

残された子供のことを考えると他の選択肢を考えるべきだったと思うのだが

その余裕もないほど追い詰められていたのだろう。

せつない残念な事件である。